カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

商品へのこだわり

「コスメ」(化粧品)とは、私たちが一生お付き合いする、重要でかけがえのないものです。
環境破壊が進む中、サンケア商品はなくてはならないものですし、お化粧もしないで会社へいくと「仕事する気あるのか!?社会人としてのマナーだろっ!!」と叱られる事だってあります。

何よりもコスメを選んだり使ったりしている時間と言うのは、私たちに大きな喜びを与えてくれます。
そして自分の肌にバッチリ合うコスメを見つけたときは、「ああっ、あなたをまってたわ・・!」と、てつもない感動に包まれます。

経済通産省の調べによると、2001年度の化粧品出荷高は1兆4221億3000万円。前年比0・3%減で、4年連続のマイナス成長ですが、基礎化粧品は0・8%増、メークアップは2・5%増。
化粧品業界はまさに巨大マーケットで不況なんてなんのその。
化粧品に投資する女性はとてもお金持ちだと、私たちは狙われているんです。そのお財布の中身を。

ポスター、テレビCM、美容雑誌。特に美容雑誌では、旬の最新情報に飛びつきそのままうのみにして、私は何度も失敗してきました。あたりまえですよね。情報と関連したリッパな「広告」なんですから。

商品の良いところだけの情報、偽りの情報は私同様、みなさまもお腹いっぱいいっぱいだと思います。
私たちが知りたいのは、メーカーが消費者に知られたくない「負の情報」「正確な情報」なのです。

「何が正しくて何が悪いのか」。今までずっと思ってきました。ここ数年は化粧品関連の論文や研究発表、専門雑誌等を読み、医師や大学教授の講義を受けたり、各種勉強会にも参加してきました。
各種分野の権威者の方々でも、反対の意見の時もあります。「どちらが正しいのか?何を基準にしたらいいのか?」と。

やっと答えが見つかりました。

私は医師でもありませんし、研究者でもありません。治療も出来なければ、成分について学会で論文発表する専門知識もありません。でも私には大きな武器があります。
それは私がみなさんと何ら変わらない、良い物だけを探し求めている一般消費者であること。目線が同じと言う事です。

中には本当に良い化粧品は存在します。ほんの一握りですけど。私はこれを探しつづけたいと考えております。

100%安全で納得できる化粧品などないと思っています。また、化粧品は薬ではないので、奇跡的に肌のトラブルが改善したり、肌がキレイになるとも断言できません。
ですが できる限り100%に近く納得できる商品を揃え、その商品のどこが良いのか・どこが悪いのかしっかりとご説明して、納得していただいた上でご使用いただき、心から喜んでいただけることが私の願いです。
お客様より喜びの声を頂いた時ほど、この仕事をしてて良かったと心底思える時はないのです。

美容業界は、ものすごい速さで研究が進み進化を遂げています。昨日まで良いと言われていたことが、明日には覆ることも多々あります。そのような時は私も素直に間違いを認め、意見が翻るときもあるかと思います。その時はどうぞお許しください。


【美肌箱 商品選定のポイント】

●製品つくりに研究熱心なメーカーであること。
負の情報も含め私の質問したことはもちろん、他の情報も惜しみなく与えてくれるメーカーが製造している商品であること。
普通(いえ、ほとんど)、メーカーは商品の短所は教えてはくれません。

●配合成分を重視し総合的に判断して70%以上満足ができる商品であること。

洗顔料ならきちんと汚れが落ちるのか、化粧水ならしっかり保湿ができるのか、美容液ならそれに見合った成分が配合されているのか、特に肌に悪い(注意が必要)と言われている成分は入っているのか、など専門の成分表等と照らし合わせながら商品選択をしております。

●顔に直接つけるスキンケアは、無着色・無香料(一部除外アリ)であること。

色や香りはリラクゼーション効果もあり大切なものですが、肌に直接ぬるスキンケアに関しては、人工的な香料、着色は必要ないと思います。刺激があるだけで良い事は1つもありません。

●海外の製品は全て厚生労働省の薬事法の安全基準に合格した正規輸入商品のみを、日本総輸入元(代理店)より直接仕入れること。

日本で認められていない成分配合で、海外では薬並に効き(といいますか、薬そのもの)、とても人気のある商品もありますが、安全性を一番と考えておりますので、並行輸入商品や個人輸入商品は一切取り扱っておりません。
どうぞ安心してお求めください。

よくあるご質問

【商品について】

・IQSイクスについて

※開発者 鈴木 忠 氏 より直接回答をもらっています

Q:インターネットでノンチ液を検索したらイクスと全く同じ内容が書かれた、全く同じ値段の「アクル(ACL)」と「ビオメッド(Bio-Med)」という商品が出てきました。これらとの違いはなんですか?違いがないのならば、なぜ名前が違うのですか?

A:ACLアクルとかビオメッドなどはイクスと中身は同じものです。販売店の違いです。アクルは薬局で販売をしています。ビオメッドは治療院および美容室で販売しています。


Q:イオンの作用で表皮の老廃物を外に出すとありますが洗顔後、イクスを使って老廃物が外に出たままで今までどおりのスキンケアをしてよいのでしょうか?老廃物をまた押し戻していたりはしないのでしょうか?

A:消臭剤の特許を持っているのですが、汚れおよび臭いを包み込んでしまうことによる作用です。朝付けた場合は、汚れを付けたままで夜洗うまでそこに在る事になります。夜の洗顔の時に落ちると考えると判り易いかと思います。この辺の効果を目で見せる実験の方法があります。一度見てください。(上記の実験)

Q:まだ2日しか使っていませんが、使い心地は結構良いです。使った部分は少ししっとりした感じがあります。それで、その使い心地の良さも、実は気になります。疑い深すぎるのかもしれませんがその△任盻颪い燭茲Δ法3種の化粧水が全て同じ売り文句でいいことばかりを書いてある(当たり前)のが気になるのと、アトピーに即効で効く薬はないと思っているので翌日にすぐ効果が実感できるようなものはステロイドが入ってるのではないか?とかステロイドでないにしても、同じような止められなくなるような強い薬が入っているのではないか?とか気になってしまいます。
長く使うならなおさら、はっきりしておきたいのです。本当にいい物を使いたい、扱いたいと心から思ってますので、よろしくお願いします。


A: 即効的なことが心配とありますが、飲むことも目に入っても大丈夫なものしか使用しておりません。自分自身も製造している社員も何年も使用しています。大手メーカーのように配合成分を見てわかるように何十といろんな成分を入れているわけではありません。安心してご使用ください。

アトピーの方にとって作用機序が必要なのはよく判ります。薬ではない為に作用機序と言えるような所まで解明されていないのも本当の所かと思っています。

只、この物は化粧品として開発をしたものではないのです。元々が消臭剤の特許はあったのですが、この物を利用して乳牛の乳房炎の治療剤を作るために、帯広畜大の先生方と研究をしておりました。
今話題になっています狂牛病でお判りのように、今の乳牛は色々な物を食べさせます。(本来は草食動物です。)この為、乳房の中が腐る病気になります。

原因は色々考えられるのですが、色々な食べ物により体内に過剰発生するアンモニヤ、重金属類などの有害物質、これらが皮膚表面や細胞内を荒らし腐らせる。

元々が消臭剤であるために口から飲ませたり、注射をしたりすることでアンモニヤや有害物質を包み込む働きによりその物を除去する事が出来る働きに注目して乳房炎などの炎症を抑えることを発見してそのことにより特許をとりました。いま薬にするための研究は継続中ですがお金がかかりすぎで挫折しています。

アトピーを治せるとは思いませんが、症状を軽減できるのは多くの治験例があります。病院でも取り扱いいただいております。(北海道医師協同組合の加盟店です)

今までの化粧品はお肌にとって異物かもしれないものを体内に吸収させようと言うのが基本かと思います。私共は逆に、異物も体内から出てくる老廃物や、かゆみに大いに影響のアルアンモニヤなども取り除くことを考えています。

成分の中に含まれるポリアクリル酸ナトリウムの働きの中に、肌の水分を保つと言う特許を持つメーカーがいます。このような作用の組み合わせにより肌本来が持っている力を引き出したいと思っています。

ページトップへ